脳神経外科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、内科

ホーム >  診療科目

診療科目診療科目

脳神経外科

リハビリや在宅介護などと連携
脳に関する外科的疾患を扱います

脳腫瘍・頭蓋内の出血(高血圧性、血管異常、くも膜下出血など)・脳膿瘍・脳梗塞・頭部外傷他、頭頚部(一部頚部や脊髄疾患も含む)の外科的疾患を扱っています。

脳神経外科疾患は生命の危険に直結しており、大まかなスクリーニングで次々と検査を実施し、できるだけ素早い対応が必要とされる疾患です。後遺障害が残る危険性も高い科目ですので、当院では、様々な角度で検査するシステムの構築がなされています。
ほとんどの検査は当日に実施することが可能です。また、脳神経外科疾患は長期にリハビリが必要であったり障害が残ること、痙攣などの薬のコントロールが必要になる場合が多いため、在宅介護のフォローアップやデイケアなどで、そのような患者様をケアできるシステムを採用。長年の経験を活かして、薬のコントロールに関しても細心の注意を払っています。
また、手術を必要としたり、入院が必要な患者様には、設備の整った大病院とのパイプをフルに活用し紹介しています。

連携医療機関

放射線科

レントゲンやCT、MRIの画像から
病気の診断に至る画像診断を行います

放射線科画像

現在当院では、一般レントゲン撮影に加え、日立メディコ社製の16列マルチスライスCT ECLOS、MRIについては同社製 ECHELON RX 1.5Tを採用。専門の検査技師による制度の高いエコー診断も行えるよう最新式のエコーが2基配備し、コンパクトな空間を十分に活用しております。
また、地域住民密着の医療を行うため、茨木健診や人間・脳ドックなど、あらゆる検査内容にも対応。
疾患を早期に判別し、素早い治療方針の決定に取組み、精度の高い検査を行っています。

検査で見つかる病気

●脳出血 ●脳梗塞 ●脳動脈瘤 ●脳腫瘍 ●頚動脈狭窄症 ●慢性硬膜下血腫  ●その他(水頭症・もやもや病・脳血管奇形・認知症(アルツハイマー病等)・未破裂脳動脈瘤(くも膜下出血の主原因)・脳奇形・脳変性疾患、等))

検査の受けられない方

次の方は脳ドック検査を受けることができませんので、ご了承ください。

●ペースメーカーをつけておられる方
●心臓人工弁をつけておられる方
●ステント挿入の方
●脳外用クリップをつけておられる方
●体内金属が入っている方

リハビリテーション科

機能回復の為の電気治療器を多数配備
専門スタッフによる機能回復訓練や治療を提供

リハビリテーション科画像

乾湿のサウナカプセル、体幹のバランスを計測するX-スキャン、低周波治療器などを完備し、専門の柔道整復師も多数スタンバイ。適切な日常生活の指導も含め、身体の調整や機能回復に努めており、1日数百人が施術や機械を利用しています。
骨折や、捻挫などにも迅速かつ適切に対応し、少しでも患者様の回復が早くなるように願って日々研究しております。

麻酔科

麻酔科専門医である院長を中心に
あらゆる種類の痛みを取り除く治療をします

ペイン治療は疼痛外来ともいわれ慢性疼痛・難治性疼痛など、あらゆる種類の痛みをもった患者さんが来院され、痛みを取り除く治療を致します。 当院院長はもともと麻酔科の専門医でもあり、帯状疱疹・突発性難聴・顔面麻痺・多汗症・(下腹部の手術後におこる)下腿リンパ浮腫・脳梗塞後の痙性麻痺など多岐にわたる病気を診療対象にしています。
治療の方法は、神経ブロック療法や点滴などを行っています。

内科

病気や軽いけがをしたとき最初に受診
地域の皆さんの健康を支える第一次の砦

病気やけがの原因を的確に判断し、患者にもっとも適切な医療を受けさせるための診察を行います。 風邪や腹痛、頭痛、ちょっとした切り傷など、頻度の高いありふれた病気やけがは内科医(院長)が治療しますが、ときには思わぬ病気やけがが潜んでいることも少なくありません。 当院では、長年の経験を生かし、検査や症状だけでは見抜けないような症例も数々早期発見・治療して参りました。 急性期の疾患に対しては迅速に検査・診断し、近隣の基幹病院と連携して対応しておます。

特殊な専門科(婦人科、眼科、耳鼻咽喉科等)以外は、高齢者から乳児、幼児に至るまで幅広く診察。メンタルな部分もケアし、皆さんの健康を支える第一次の砦と考えています。